病院内FeliCa ICカードシステム(HosCa)導入事例

刈谷豊田総合病院 刈谷豊田総合病院

■病床数:607床

病院格付けランキングで愛知県の第3位(週刊ダイヤモンド2008/6/14)に輝き、現在日本中の注目を集めている病院があります。それが刈谷豊田総合病院です。刈谷豊田総合病院には、病院ICカード(ホスカ)がすでに導入されていましたので、 私たちは病院への取材をお願いしていました。ところが、取材予定の1週間前の雑誌発売の新聞広告の見出しに、安心度ランキング愛知第3位「刈谷豊田」の名が踊ったのです。 病院ICカード・ホスカの取材は、話題の病院の熱い雰囲気の中で行われました。

<詳細はコチラ>
<映像プレビュー>

八千代医療センター 八千代医療センター

■病床数:355床

連携を合言葉に登場した地域連携型医療の主役、東京女子医科大学・八千代医療センターは、東京から1時間、東葉高速線の八千代中央駅から10分のところにありました。地域の人の期待を集めるだけでなく、地域医療の未来からも期待されているこの病院には、病院ICカードのホスカが導入されていました。なぜ、ホスカなのか?そして、ホスカの評判は? オープンして6ヶ月の八千代医療センターを訪ねてみました。

<詳細はコチラ>
<映像プレビュー>

大阪回生病院 大阪回生病院

■病床数:300床

大阪駅の南には、世界のブランドと世界の企業が軒を並べ、スーパーモダンに生まれ変わっています。そして、新大阪駅の北には、大阪回生病院が、最新の設備の病院として移転してきています。大阪回生病院は、民間の病院として有数の歴史があります。その伝統ある病院で、「起死回生」の病院サービスとして、病院ICカード(ホスカ)が「スマイルカード」と名づけられ、導入されたのです。早速その評判を聞きにいってきました。

<詳細はコチラ>

高知医療センター 高知医療センター

■病床数:632床

1世紀の病院改革は明治維新と同じです。日本の中心からではなく、地方から地鳴りになって、全国に波及しようとしています。高知発の病院改革、高知医療センターのテーマは「患者さんが主人公の病院」づくり。かずかずの日本初の試みのなかに、病院ICカード・ホスカも「院内キャッシュレスカード」と呼ばれ、仲間入りしていました。 カツオがおいしい、春の高知からのレポートです。

<詳細はコチラ>


施設内キャッシュレス管理システム(おこづかいHosCa)導入事例

不動ヶ丘病院

不動ヶ丘病院

不動ヶ丘病院は、埼玉県東北部に位置する「手打ちうどん」と「こいのぼり」 のまち加須市にあります。四季おりおりに花が咲き、小鳥のさえずりも聞こえる閑静で空気清澄な環境に加え、都心から50Km圏内という療養に最適 な環境にあります。薬剤治療の他に、社会復帰訓練や自立支援にも力を入 れておられ、今回のおこづかいHosCa の導入はそのひとつと言えます。 「把手共行」という言葉をモットーに患者さんのための医療福祉サービスを 提供し、患者さんと共に歩み成長していく病院を目指されています。

<詳細はコチラ>

このページのトップへ

医療施設向けタブレット端末(HosPad)導入事例

北里大学病院 北里大学病院

■病床数:1,033床 

1971年の開院以来、高度な先端医療を持つ大規模医療機関として発展してきた北里大学病院は、2014年5月7日に新病院をオープンした。 その際に「HosPad」が666台導入され、入院案内や手術・検査説明のコンテンツ、売店発注システム、アンケート機能等で新病院の運営に貢献している。 旧病院から受け継がれる「患者中心の医療」「共に創り出す医療」を理念とし、50年後の医療のあり方を見据え「成長する病院」を目指し続ける新北里大学病院より、今回は現場の事を一番理解されている看護部長に「HosPad」導入の経緯と効果について話を伺った。

<詳細はコチラ>

小阪産病院小阪産病院

■病床数:60床 

小阪産病院は昭和6年に創設して以来85年の歴史を持つ産婦人科の専門病院です。 2015年新病院開設とともにHosPadが導入され、入院案内や産前・産後指導などのオリジナルコンテンツ、AR機能付フォトブックで新病院での患者様のサービス向上に貢献しております。地域の方から永年親しまれているこの小阪産病院様に今回HosPadを導入した経緯と効果についてお伺いしました。

<詳細はコチラ>

阪和住吉総合病院 阪和住吉総合病院

阪和住吉総合病院の理念は、「最善かつ安全な医療を提供し、地域に開かれ、患者様に信頼していただける病院を目指し、やさしく生命(いのち)を守ることにつとめます。」とあります。大阪市の住宅街に位置するこの病院では、理念にもあるように、院内に入るとスタッフの方達の笑顔が溢れ、とても親しみやすい雰囲気が感じられました。
そんな地域に根差したアットホームな病院の中で、HosPadがどのように患者さんとスタッフの繋がりのお役にたっているのか、お話しを伺うことができました。

<詳細はコチラ>

杉山産婦人科 杉山産婦人科

杉山産婦人科は、60年の歴史で培った経験と最先端医療を融合させ、生殖医療科、産科、婦人科を有する国内屈指の総合婦人科として2007年に生まれ変わりました。 不妊治療から妊娠・出産までをトータルにサポートできる体制・設備を整え、安心・安全な満足度の高い医療に力を注がれています。
特に生殖医療科においては、その専門性の高さと確かな実績において全国的にも名高く、杉山産婦人科でしかできない治療と高い水準の技術で、その業界をも牽引しています。

<詳細はコチラ>

岩沢クリニック 岩沢クリニック

千葉県成田市にある岩沢クリニック様は、出産後の各種教室、助産師外来など充実したフォローを実施されていて、地元で長く愛され続けています。 今回、産後のママに、より充実したサービスを提供したいとおっしゃる院長先生の思いを受け、HosPadマタニティをご提案させていただきました。 スタッフ様のご協力もいただき、オリジナルの育児指導・産後ケアコンテンツを作成し、ママたちに非常に喜ばれております。

<詳細はコチラ>

池羽レディースクリニック 池羽レディースクリニック

池羽レディースクリニックは、赤ちゃんとお母さんお父さんとの絆作りを大切にされているクリニックです。 また、Live4D超音波検査、病院オリジナルコンテンツの作成や、出産直後のカンガルーケアなどを行い、産前から産後まで患者さんが安心して通院できるクリニックになるよう、日々努力をされています。 そんな池羽レディースクリニックには沢山の笑顔がありました。今回、副院長の池羽一紀先生にHosPadについてお話をお伺いしました。

<詳細はコチラ>

長岡産婦人科 長岡産婦人科

昭和56年に開院した長岡産婦人科は地元からの信頼がとても厚く、平成14年に明るく清潔な病院へと新築してからは一層の人気となっております。最新の電子医療機器を使い、安全で堅実な産科医療を基本としています。母親学級、マタニティヨガ、ソフロロジー式分娩法、母性を醸し出す母乳育児の推進など、きめの細かい産前教室はもちろんのこと、小児科専門医による乳児健診、アロマテラピー、リフレクソロジー、ベビーマッサージを含め産後のフォローにも力をそそがれています。

<詳細はコチラ>

西川医院 西川医院

大阪に病院を構える西川医院は、先生とスタッフの笑顔が溢れ、大都市にありながらホッとできると評判の病院です。病院の隣には託児所があり、病院を訪れる付き添いのお子さんはもちろん、お母さんの育児支援として出産後のお子さんも預かってみてくれます。またもう一方の隣にはエクササイズスタジオが設けられ、ヨガなどの教室が定期的に開かれています。お母さんの事を考えた最新の設備や環境をそろえられ、さらには様々な産後の育児教室を通じて親子の絆作りにも力を注がれています。

<詳細はコチラ>

中部産婦人科医院 中部産婦人科医院

昭和55年開業。平成17年に、人の手のひらのあたたかさを感じられるクリニックへとリニューアルされた中部産婦人科医院。
ひとりひとりの出産を大切にお母様とご家族様が、一員として新しい生命を迎えるための心の準備と健康、そして安全面でのお手伝いを、産前・産後を通じて行われています。
人に愛され、貢献できる「心のこもった医療」をモットーに温かい家庭的な雰囲気のなかで、 女性の心と体を大切にできる病院を目指されています。

<詳細はコチラ>


医療施設向けタブレット端末(HosPad)外来呼び出しシステム導入事例

空の森クリニック

空の森クリニック

沖縄本島の南部は第二次世界大戦で壊滅的な被害を受け、 人や建物だけでなく、多くの森も姿を消しました。 戦後69年経った2014年、その地に空の森クリニックがオープンし、命を生み出す場所になっていました。 多くの木々に囲まれた自然の力溢れるその場所で、HosPad外来呼び出しシステムを採用して頂いた経緯をお伺いしてきました。

<詳細はコチラ>
<映像プレビュー>


健診施設向けタブレット端末(HosPad)健診誘導システム導入事例

大名古屋ビルセントラルクリニック

大名古屋ビルセントラルクリニック

2016年4月1日、大名古屋ビルセントラルクリニックは、テルミナセントラルクリニックより移転し、最新鋭の検査装置を備えた検査・診療施設として開院いたしました。 開院に伴い、(株)ホスピタルネットとの共同開発で誕生したのが『HosPad健診誘導システム』です。システムの導入経緯と効果などについて、院長と現場スタッフの方々にお話を伺ってまいりました。

<詳細はコチラ>
<映像プレビュー>


介護施設向けタブレット端末(HosPad)導入事例

エバーグリーンシティ・寺岡 エバーグリーンシティ・寺岡

枠に縛られない施設を作りたい。現代の老人施設は、介護・医療保険に縛られ、入居者の夜寝る時間や一日のリハビリ回数が決められています。これまで日本を支え、豊かにして下さった方々が、人生の最後までその人らしく生活を送れるような施設を作りたい。エバーグリーンシティ・寺岡は創業者松田先生の熱い思いのもと作られました。 その言葉通り、施設の内装はまるで一流ホテルの様な作りで、施設内で生活していらっしゃる方達には笑顔が溢れ、生き生きとした生活をされていました。

<詳細はコチラ>

このページのトップへ


癒しのサイネージ(HealingVisionAQUA)導入事例

西方病院 西方病院

■病床数:105床

患者様の身になり、患者様の「心とからだ」の中に、治療者の「心と技」を持ちこんで対処することが信条の西方病院。 地域医療の要として設立され、保健・医療・福祉の連携強化もはかり、乳幼児期から老年期までの生涯健康管理など、地域の皆様の求めに応じられる、最も身近な病院を目指されています。多くの方々から「愛され、信頼される病院」を目指す、温もりのある病院です。

<詳細はコチラ>


松島産婦人科医院 松島産婦人科医院

琵琶湖と比叡山が望める丘に建つ松島産婦人科医院様は、昭和43年の開院から今日に至るまで、7000件を超える分娩を取り扱われ、女性特有のライフサイクルに応じた、女性の生涯にわたる生活の質の向上を目指されてきた医院様です。
最新の4D超音波装置の導入や、有害な不純物を完全に除去した「安全でおいしい水」の提供など、お母さんと赤ちゃんに優しい医院になるよう、様々な工夫をなさっています。

<詳細はコチラ>

このページのトップへ

病院内FeliCa ICカードシステム(HosCa)導入事例

病院内FeliCa ICカードシステム(HosCa)導入病院 (抜粋)

 
施設名 所在地 床数 導入システム
病棟利用 共用利用 職員利用
テレビ 冷蔵庫 電話 映画 TVインターネット ランドリー LAN接続 自販機 売店・コンビニ 食堂・喫茶 インターネットコーナー デリバリー販売 パーキング 職員IDカード 入出退管理 職員PCプリンタ管理
刈谷豊田総合病院 愛知県 497              
M医療センター 茨城県 432                  
東京女子医科大学
八千代医療センター
千葉県 331            
FF病院 福井県 563                      
大阪回生病院 大阪府 290        
高知医療センター 高知県 650        
GI病院 岐阜県 570                
金沢大学附属病院 石川県 881              
学生寮TSH 神奈川県 40                          
K病院 福岡県 -                            
KM病院 福岡県 -                            
TKS病院 東京都 260                  
KK病院 福岡県 606                
牛久愛和総合病院 茨城県 441                  
多摩総合医療センター 東京都 -                      
KS病院 茨城県 -                          
花園病院 山梨県 20                    
OKS医療センター 大阪府 599              
JT病院 東京都 255                    
済生会栗橋病院 埼玉県 298                      

(敬称略)
FeliCa®はソニー株式会社の登録商標です
HosCa®は株式会社ホスピタルネットの登録商標です